ピグマリオン効果|コールセンターの心理学

ピグマリオン効果とは、教師や上司などからの期待を受けることで、勉強や仕事などの成果が出やすくなる効果のことです。実際に、教師や上司に「期待してるよ!」と声を掛けられて、ヤル気が出た・・・という人もいるでしょう。

このピグマリオン効果は、ローゼンタール(アメリカの心理学者)が提唱したもので、教師の期待が生徒の成績に好影響を与えるという実験が発端となっています。そのために、別名、ローゼンタール効果とも呼ばれます。

ちなみに、「ピグマリオン」とは、ギリシャ神話の中に登場する王の名前(ピュグマリオーン)で、彫刻として自身の理想とする女性像を彫り進めるうちに、その彫刻に情が移って恋をしてしまい、それを見た神が彫刻を人間にしたという神話に由来しているそうです。

ピグマリオン効果については、他の心理的な効果と同様に、科学的に検証することは難しいところでもありますし、決してヤル気をもたらす万能薬でもありません。

例えば、職場を考えるときに、職場には多様な職場がありますし、仕事の内容もさまざまです。 上司の普段の言動や、部下との信頼関係、部下自身の性格・性質・考え方のクセなども、人によって千差万別です。あるいは、仕事の内容や特殊性によっても、状況は変わります。

上司や同僚からの期待によって、過度に本人の緊張が高まったり、過剰なプレッシャーとなり、仕事の効率を落とす可能性もないわけではありません。

そのため、ピグマリオン効果を、どんなときにでも効果を発揮する万能薬だと過信せずに、時と場合と相手を選んだ上で、「相手に気持ちよく仕事をしてもらうためのツール」の1つとして、うまく活用されることをおススメします。

コールセンター代行サービス(トップページ)

コールセンターBPO・コラム <一覧>