二重敬語と連結敬語|コミュニケーションマナー講座

二重丸

『二重敬語』と言う言葉をご存知でしょうか?

敬語を重複して使ってはいけないというのが日本語のルールです。その間違った敬語の使い方を表わす言葉が『二重敬語』です。

ただし、敬語には尊敬語や謙譲語という種類があって、『二重敬語』とはそれらの同類の敬語(尊敬語同志や、謙譲語同志など)を重複して使ってはいけないというものです。あくまでも、同じ種類の敬語を二重に使ってはいけない・・・ということを覚えておかなければなりません。

(そもそも、「尊敬語」と「謙譲語」の区別があいまいな方にとっては、難しいルールですね!)

例えば 「お読みになられる」は、「読む」の尊敬語である「お読みになる」に、「・・・れる」という尊敬語を加えているので『二重敬語』になります。

ただし、習慣化されてしまって、『二重敬語』であっても定着しているものもありますし、会話で使う分には多少の間違いは許される(聞き流される)可能性が高いです。それでも、二重敬語が間違いであるという認識を持っておくほうが良いでしょう。

また、『二重敬語』に似て非なるものとして、2つの敬語を連結して使う方法があります。

例えば 「読んでいる」は「読む+いる」という二つの言葉から構成されています。この二つの単語をそれぞれ敬語にすると、「お読みになる」と「いらっしゃる」です。そして、この二つの単語を「て」で繋げたものが「お読みになっていらっしゃる」という言葉です。

これには、冗長感がありますが、二つの敬語が連結されているだけであって、二重敬語とは異なり正しい敬語の使い方です。