ファミコン語|コミュニケーションマナー講座

ファミコンとは、任天堂ファミリーコンピューターの略。 そして、ファミコンと言えば、マリオブラザーズ。 あの BGM が聞こえてきそうです。

それでは、 ファミコン語 と言えば、どういう言葉を 想像されますか?
ロールプレイングゲームに必要な魔法の呪文? それとも、格闘技ゲームの技の名前? ・・・ などでしょうか。

ファミコン

実は、ファミコン語 とは、 ゲームにまつわる ワードではありません。

ファミコン語 は、 ファミリーレストランや コンビニエンスストアで 接客時に使われていることが多い言葉づかいです。

ファミコン語

ファミリーレストランの 「ファミ」、 コンビニエンスストアの 「コン」 を取って ファミコン語 と呼ばれています。
例えばファミリーレストランを訪れたとき、 入店から精算までにこんな言葉を聞いたことはありませんか?

① 空席待ちで名前を確認されたとき
「○○さまでございますね」
※ 「こざいます」 は丁寧語です。 通常は自分や物に対して使いますので、 お客さまに対して使うのは適切ではありません。

②席に案内されるとき
「禁煙席でよろしかったでしょうか」
※ 現時点の状況を過去形で確認することはありません。

③注文の内容を確認するとき
「ご注文の方、以上でよろしいでしょうか」
※ 「~の方」 は方角やある一定の範囲を示す言葉です。 注文は方角や範囲ではありません。

④注文したコーヒーを運んできたとき
「こちら、ご注文のコーヒーになります」
※ 「なる」は変化を表す言葉です。 コーヒーは何かに変化することはありません。

⑤精算するとき
「1,000円からお預かりします」
※ 「~から」 は ~から何かを預かるという意味です。 1,000円から何かを預かることはありません。

では、 適切な言葉づかいを見てみましょう。
① 「○○さまでいらっしゃいますね」
② 「禁煙席でよろしいでしょうか」
③ 「ご注文は、以上でよろしいでしょうか」
④ 「こちらは、ご注文のコーヒーです」
⑤ 「1,000円、お預かりします」


ファミコン語 は 若い年代を中心に使われているようです。

当然ですが、 コールセンターのオペレーターは、 企業を代表して様々な年代の方のお電話に対応する立場ですので、 常に 適切な言葉づかいを心掛けています。