SNSとは|デジタルマーケティングコラム

SNSとは、ソーシャル・ネットワーキング・サービス(social networking service)の略で、インターネットのウェブやスマホアプリによって社会的なネットワークを構築できるサービスです。

しかし、その説明だけでは良くわからない・・・というのが正直なところではないでしょうか。案外、SNSをわかりやすく説明することは難しいですし、実際、ネットなどで見かけるSNSの「定義」はよくわからないものが多いです。

そのため、ここでは、「SNSとは何なのか?」という問いではなくて、「世の中でSNSと言えば、どんなサービスを思い浮かべるのか?」という視点で話を進めたいと思います。

まず、一般の方が「SNS」と言うときに連想するのは、ツイッター(twitter)・フェイスブック(Facebook)・インスタグラム(Instagram)の3つではないでしょうか。その他に、あまり知られていませんが、タンブラーやピンタレストなどの個性的なSNSサービスもあります。

また、日本でよく使われているLINEは、SNSに分類されることもありますが、メッセージアプリと呼ばれてSNSとは異なるものだと認識している人も多いはずです。

ところで、ツイッター・フェイスブック・インスタグラムの3つのSNSサービスは、個人としての利用はもちろんですが、企業として利用することもできます。いわゆる企業アカウントというものです。

もちろん、この3つのサービスでは、そのサービス内容や使い方に違いがあるのは当然なのですが、それ以上に気を付けておくべきことがあります。それは、各サービス利用者の「属性」の違いです。

「インスタ映え」で有名なインスタグラムは、写真を中心としたSNSサービスで、利用者の多くは女性です。しかも、どちらかと言えば、若めの年齢層。

フェイスブックは、男性が多めで、年齢層は高めです。元々、フェイスブックを利用していた若い人達は、フェイスブックの個人情報絡みの問題のせいなのか、上司がフェイスブックを使っているからなのか・・・。インスタグラムやツイッターに逃げていった気がします。

それでも、ずっとファイスブックを使い続けている年齢層が高めの人達は、もうフェイスブック以外のサービスに移行することはないように思えます。

ツイッターは性別に関係なく、若めの年代で利用されているイメージです。ただし、フェイスブックが実名での利用に限られているのに対して、ツイッターではハンドルネーム(ネット上で利用する仮名)でアカウントを運用できるため、一人で複数のアカウントを持っていることがよくあります。ちなみに、ツイッターでよく目にする「裏垢」という言葉は、「正式に使っているものとは違う別のアカウント」という意味です。

そのために、アカウント数の統計情報だけでは、ツイッター・フェイスブック・インスタグラムのうち、どのサービスの利用が最も盛んであるのかはよくわかりません。

また、SNSサービスが登場してから結構な時間が経過していますし、長年に渡ってそれぞれのSNSサービスの中で知り合いとのコミュニケーションを取っている人が多いわけで、いわゆるネットワーク効果が働いている状態です。そのために、この先、現在利用しているSNSサービスから、他のサービスにスイッチする人はあまり多くないと想像できます。

そのような前提のもとで、企業として利用するSNSをどれにするのかは、とても難しいことだと思います。しかし、費用対効果を考えれば、どれか1つに運用を絞ることも考えないといけない場合もあるでしょうし、余裕があれば複数のSNSアカウントを運用することもあるでしょう。

いずれにしても、マーケティングに欠かせないのが「市場の細分化(セグメンテーション)」と「ターゲティング」です。SNSサービスを企業のマーケティング・ツールとして活用するのであれば、SNSにおいてもセグメンテーションとターゲティングは意識しておきたいものです。


ちなみに、当社では、ツイッター・フェイスブック・インスタグラムの3つのサービスで企業アカウントを運営しています。


【ツイッター】 https://twitter.com/KCSF_Osaka
【フェイスブック】 https://www.facebook.com/kcsf.jp/
【インスタグラム】 https://www.instagram.com/kcsf.osaka/

宜しければ、「いいね!」「フォロー」をお願い致します。