SEO – Search Engine Optimization|デジタルマーケティングコラム

● SEOとは?

SEOとは、 Search Engine Optimization の略で、 日本語では 検索エンジン最適化 と呼ばれます。 また、 Google、 Yahoo!、 Bing などの検索サイト上で、ウェブサイトが検索結果として上位に表示されるように対策することを SEO対策 と呼びます。

日本では、Google のシェアが 7割弱、 Yahoo! のシェアが 3割弱で、 かつ、 Yahoo! は Google の検索エンジンを利用していると言われています。 ですので、 日本で SEO対策 と言えば、 ほぼ、 Google 検索で上位に表示されるための対策と言えます。

● Google の検索アルゴリズム

それでは、 具体的にどうすれば、 Google の検索順位が上がるのでしょうか?

残念ながら、 Google の検索順位のアルゴリズムは、Google にしかわかりませんし ( "公開されていない" ということです) 、 かつ、 そのアルゴリズムは頻繁に変更されています。

しかし、 企業のウェブ担当者は、 じっと 立ち止まっているわけにはいかないと思いますので、 一般論ではありますが、 SEO の 内部対策外部対策 について ご説明します。

● 内部対策

内部対策とは、

● 読者の問題解決に役立つ、あるいは読者が興味を抱く コンテンツ を用意する
● タイトル の付け方をよく考える (キーワードを入れて、人目に留まって、検索結果でクリックされるように)
● ヘッダー をきちんと使う
● 読者の利便性を高めるように 内部リンク を張る

など、 "自分自身で対応できる範囲のこと" に対する対策です。

● 外部対策

一方、 外部対策とは、 外部からのリンク (被リンク) を獲得するための対策です。

既に検索順位が上位のサイト (強いサイト) からリンクをもらえると、 一気に 検索順位が上昇することもありますし、 できるだけ多くの被リンクを獲得することが望ましいと言われています。

もちろん、 最初から勝手に被リンクが増えていくわけではありませんので、 何らかの方法 (SNS による拡散など) で、 サイトや記事の露出を高める必要があります。

但し、 Twitter や Facebook からのリンクは、 nofollow 属性 のため、 直接的に検索順位の上昇には役立ちません。 その先にある二次的なアクション (Twitterを見た人が follow属性 のリンクを張ってくれる・・・など) が必要になります。

尚、 代金を払って、 大量の被リンクを獲得する行為 (一昔前の "SEO対策" と言えば、このイメージ) は、 Google からペナルティを受けて、順位が大幅に下がる可能性があると言われています。