マーケティングとは。

“マーケティング” という言葉の定義は あまり簡単ではなく、 マーケティングを一言で説明することは難しいと感じます。 それでも、 このコラムでは、 “マーケティング” という言葉の説明に チャレンジしてみたいと思います。

マーケティング

● STP と 4P

マーケティング戦略を検討する際に出てくる言葉として、 STP4P があります。

マーケティングの上流工程では、 市場を細分化 (セグメンテーション) し、 その中でどこを狙うのかを決め (ターゲティング) 、 自分達のウリと立ち位置 (ポジショニング) を考えます。 その Segmentation, Targeting, Positioning の頭文字を取って、 STP と呼びます。

また、 マーケティングの要素となる、 商品・サービス (Product)、 価格 (Price)、 流通チャネル (Place)、 販売促進 (Promotion) の 4つの P を 4P と呼びます。 この 4P の整合性を取りながら 全体最適を目指すことが、 マーケティング活動のゴールとなります。

● マーケティング と セールス の混同

"マーケティング" と "セールス" や "宣伝" という言葉は、よく混同されているように見えます。

それは、 テレマーケティング 、 ワンツーワンマーケティング、 デジタルマーケティング など (〇〇マーケティング) という言葉が 原因ではないかと考えられます。

それらは、 テレセールス、 ワンツーワンセールス、 デジタル広告 という言葉に置き換えたほうが、 実態を表しているようにも思えますが、 「〇〇マーケティング」 と呼ぶほうが印象が良さそうなのと、より広い意味を持たせることができるので、そのようにネーミングされて世に広まったのではないかと考えられます。

● リサーチ との混同

そして、 他によくあるのが、「 マーケティング = (イコール) マーケティングリサーチ 」 という誤解です。

先ほどから述べているように、 マーケティングとは STP や 4P を含む一連の活動を進めるための概念であるため、 市場調査やマーケティングリサーチは、 マーケティング活動を推進するためのツールの1つに過ぎません。

● マーケティングとは。 (まとめ)

改めて、 マーケティングとは?

リサーチ等を活用しながら 世の中の情勢を確認し、 STP や 4P を検討した上で、 その商品 ・ サービス に対する企業の戦略 (利益を最大化する、 知名度を上げるなど) を実現する一連の行為を統括する概念。

と言えるのではないでしょうか。

経営戦略で有名なドラッカーは、 『顧客を創造し続けるために必要な企業の基本的な機能はマーケティングイノベーション』 だと言っています。

マーケティングとは、 それだけ、 経営戦略のど真ん中に位置するべき "上位レイヤー" の概念です。

一方で、 リサーチや、 広告 ・ 販売 (⭕⭕マーケティングを含む) は、 マーケティングを具現化するための手段です。 逆に言えば、 それらの手段を実行する際に、 根底に横たわる哲学のようなものがマーケティングだと言えます。


ただし、 これらは企業活動においてのマーケティングに限った話ですので、ご注意ください。
( コトラーが語る "NPOのマーケティング" や "行政のマーケティング" などは、また、異なるところがあります。 )