マーケットリサーチ(市場調査) と、マーケティングリサーチの違い|3C分析との関係

「マーケットリサーチ」 (市場調査) と、 「マーケティングリサーチ」。 それぞれの意味を、ご存知ですか?

どちらも 良く耳にする用語ですが、実は 似て非なるものです。
ここでは、経営戦略でよく使う “3C分析” と関連付けながら、2つの用語の違いを説明したいと思います。

リサーチ

経営戦略で、よく使う "3C分析"

経営戦略で利用されるフレームワーク (分析のための雛形) は、とても多種多様ですが、経営戦略の教科書に必ず出てくる 3C分析
自社 (Company) ・ 競合 (Competitor) ・ 顧客 (Customer) の状況を分析することで 自社の立ち位置を確認するためのものです。
ちなみに、3つの英語の頭文字を取って 3C分析 と呼ばれます。

3C分析

上の図は、3C分析 のサンプルです。

自社分析では、自社の売上・利益、販売量、業界での順位や、強み・弱みなど を書き出します。
競合分析では、業界全体の状況や、注目すべき競合他社の動向を、また、顧客分析では、顧客の考え・傾向・好みについて書きだしていきます。

"マーケットリサーチ" (市場調査) と、 "マーケティングリサーチ" の違い

それでは、マーケットリサーチ (市場調査) と、マーケティングリサーチ の違いは 何でしょうか?

まずは、下の表をご覧ください。

マーケットリサーチとマーケティングリサーチの違い

マーケットリサーチ (市場調査) では、マクロな視点で、「過去・現在の業界の状況」 や 「未来の業界予測」 を調査します。

もし、あなたが企業の担当者で、調査会社に マーケットリサーチ (市場調査) をお願いするとします。
すると、その調査会社は 中央省庁が公表している "統計データ" を調べたり、企業へのヒアリング結果をまとめた "業界辞典" を調べたり、あるいは、独自に企業にヒアリングをします。

一方、マーケティングリサーチでは、ミクロな視点で、「顧客のニーズや好み」 を調査します。 もし、あなたが企業の担当者で、調査会社に マーケティングリサーチ をお願いすると、調査会社は、一般の消費者の中から 貴社のターゲット層となる対象者を抽出して、インタビュー調査や インターネットでのアンケート調査などを実施します。

もう、お気づきだと思います。

経営戦略の "3C分析" で、競合分析 を行うには マーケットリサーチ(市場調査) を、また、顧客分析 を行うためには、マーケティングリサーチ が必要となります。 もちろん、顧客分析には、マーケティングリサーチ以外にも、カスタマーサポート (コールセンター) や、営業部門に寄せられる "顧客の声" も欠かせません。

"マーケットリサーチ" (市場調査) と、 "マーケティングリサーチ" の活用

"マーケットリサーチ" (市場調査) と、 "マーケティングリサーチ" は、どちらか一方だけで 良いものではありません。

マーケットリサーチとマーケティングリサーチの活用

マーケットリサーチで競合の動向を知り、かつ、マーケティングリサーチなどで顧客のニーズを知った上で、自社の強みを活かして 商品・サービスに反映させていく。 マーケットリサーチ と マーケティングリサーチ は、貴社のビジネスを進めるための 大切な両輪 なのです。

株式会社かんでんCSフォーラムは、マーケットリサーチ ・ マーケティングリサーチ を基に、経営戦略のコンサルティングをさせていただきます。 まずは、お気軽に ご相談 ください。