自主調査|”エコロジー” < “セコロジー”? 環境を意識して行動してます。そのホンネは?

株式会社かんでんCSフォーラムは、生活者の 「くらしの意識」 の変化を継続的に 調査している マーケティングリサーチ会社です。

弊社では皆さまの業務活動の一助となるべく、2009年 ~ 2010年 に実施した 「環境関連商品の購入」 に関する自主調査のトピックをまとめた資料を作成しました。 以下ご一読いただけますと幸いです。

図1

● 購入した環境関連商品について

全国の主婦 1,200人 に過去3年間に購入した環境関連商品について、 「環境(エコ)」「節約(セコ)」 のどちらを意識してたかを聞いたところ、 特にランニングコストがかかる 家電系 の商品では、 「節約(セコ)」 への意識が高いことがわかりました。

洗剤やマイ箸、 簡易包装の商品、 再生紙使用の商品など 安価なものについては、 「環境を意識した」 という人が多い傾向が見られました。

しかし、ランニングコストがかかる 家電系 の商品では 「環境よりも節約を意識した」 という人が圧倒的に多く、中でも水回り関係の商品は環境よりも節約の意識が高い傾向が見られました。

図2

  • 【上記データの出典調査概要】
  • 調査テーマ: 環境と節約に関する調査
  • 調査対象: 全国の既婚女性
  • 有効回答数: 1,200
  • 調査方法: webリサーチ
  • 調査時期: 2009年5月

● エコポイントに関する意識・行動について

「エコポイント」 対象商品の購入経験がある全国の主婦 872人 に、 「エコポイント制度の影響」 について質問したところ、 75% の主婦が 対象家電製品の購入時に 何らかの影響を受けた傾向が見られました。

一方で、 制度により 「環境に対する意識が高まった」 と答えた主婦は 半数以下(42%)でした。

図3

  • 【上記データの出典調査概要】
  • 調査テーマ: エコポイント制度の影響に関する調査
  • 調査対象: 全国の既婚女性 (エコポイント対象製品の購入経験者)
  • 有効回答数: 872
  • 調査方法: webリサーチ
  • 調査時期: 2010年2月
よろしければ、記事にお使いください。その際には、弊社まで ご一報ください。

また、結果・調査に関する詳細など (属性別のクロス集計など) についても、ご興味があればお問い合わせください。