VR 仮想現実|DX(デジタルトランスフォーメーション)の用語

VR (仮想現実)とは、バーチャル・リアリティ(Virtual Reality)の略で、自分が仮想世界にいるかのような体験ができる技術です。VR対応の専用ゴーグルを装着し、映像や音声などによる視覚や聴覚への刺激によって仮想体験を実現させます。現実ではないけれども、あたかも現実のような体験をすることができるものです。

VRには専用のゴーグルを装着することが一般的です。ゴーグルの内側にはモニターがあり、そのモニターの映像のみが視界に入るため、人間の脳はそれが現実の世界なのかどうかの判別ができなくなります。高層ビルの屋上などの高い場所を歩いたり綱渡りをする疑似体験では、現実と同じように恐怖感・緊張感を味わえるので、デモンストレーションとして利用されることが多いようです。

VR用の映像は、利用者がどの方向を眺めても対応できるように360度カメラで撮影したものを利用することが一般的です。従来のテレビなどの映像とは違う特別な準備が必要ですが、ゲームなどのエンターテイメントの分野では徐々に広がりを見せています。

さらに、教育、医療、介護、観光、不動産(建築、販売)などの多様な分野でのVRの活用が期待されています。例えば、危険なオペレーション(手術や工事など)を実施する前にVRで何度もトレーニングしたり、子供たちが宇宙や深海の中を体験するなど、アイデア次第で活用方法は無限に広がっていくのではないでしょうか。

<< コールセンター代行サービス(トップページ) >>

コールセンターBPO・コラム <一覧>