テレマーケティング|コールセンター用語

テレマーケティングの歴史

この記事は、英語版のウィキペディアを参考にしています。
https://en.wikipedia.org/wiki/Telemarketing

● テレマーケティングとは

テレマーケティング ( ”インサイドセールス” や ”テレセールス” とも呼ばれる ) とは、 電話により、 見込み客を説得して製品やサービスを販売する能動的な 発信 (アウトバウンド) 業務と、 広告・宣伝・外部の営業担当者の活動によって発生した ”受注” や ”情報の要求” を扱う 受信 (インバウンド) 業務のことです。

換言すると、 テレマーケティング は、 ”電話越し”、 ”電話後の対面”、 または ”電話で予約されたウェブ会議” により、 販売員が商品やサービスを購買するように顧客を新規開拓するダイレクト・マーケティングの1つです。

電話、 FAX、 インターネットなどの通信デバイスを使用して、 見込み客と連絡を取り、 同意を得て、 勧誘することを含みます。 ただし、 ダイレクトメールマーケティングは含まれません。

● テレマーケティングの歴史

テレマーケティングという用語は、 アウトバウンド (発信) に利用するための ” 長距離電話サービス (WATS) ” や、 インバウンド (受信) に利用するための ” フリーダイヤルサービス ” の登場と伴に、 その新しい電話サービスの用途を説明するための用語として 1970年代後半に広まりました。

● テレフォニスト

テレマーケティングの台頭は、 19世紀のテレフォニスト (電話交換で働く人、 または、ビジネスや他の組織の電話に応答する仕事をしている人) や、 交換機オペレーターにまでさかのぼることができます。

電話交換の配電盤事業者 (主に女性) の仕事は、 20世紀を通じて北米で特に人気がありありました。

その後、 交換システム ・ 配電盤オペレーターの仕事は徐々に減少しましたが、 広告の増加と電話の使用の普及により、 テレマーケティングの仕事などの新しい仕事が生まれました。

● テレマーケティングの女性

電話オペレーターと同様に、 テレマーケティングは主に女性が働く職場として知られています。

雇用主が女性オペレーターを雇う主な理由は、 歴史的に 「女性の労働は安価である」 と考えられていた事実にあります。 当時、テレマーケティングに従事する女性の賃金は、男性の約半分から4分の1でした。

しかし、 低賃金とは裏腹に、 女性は男性のオペレーターよりも礼儀正しいと認識されていました。
さらに、 科学的根拠はないものの、 女性の声の落ち着いた、 より繊細な性質は女性の持って生まれた特質であると考えられていました。

その特質が市民権を得て、 電話事業者やコンサルタントとしての女性への認識が改められ、 現在のテレマーケティング業界に反映されています。

【参考】 テレマ・テレマーケティング・アウトバウンドの意味とニュアンスの違い