有機野菜と有機畜産物|EC・通販コールセンター用語

有機野菜とは農薬や化学肥料を使わずに栽培した野菜をイメージしますが、農林水産省の有機JASでの有機農産物は、以下のルールとなっています。

【表示の規制】

有機JAS規格を満たすものとして、認定事業者により格付の表示(有機JASマーク)が許されたものでなければ、「有機」「オーガニック」や、これに近い紛らわしい表示は不可。(平成13年4月1日施行)。

有機JASマーク

【有機農産物の生産の原則】

農業の自然循環機能の維持増進を図るため、化学的に合成された肥料及び農薬の使用を避けることを基本として、土壌の性質に由来する農地の生産力(きのこ類の生産にあっては農林産物に由来する生産力、スプラウト類の生産にあっては種子に由来する生産力を含む。)を発揮させるとともに、農業生産に由来する環境への負荷をできる限り低減した栽培管理方法を採用した「ほ場」において生産されること。

【有機農産物の生産方法の基準】

● 堆肥等による土作りを行い、播種・植付け前2年以上及び栽培中に(多年生作物の場合は収穫前3年以上)、原則として化学的肥料及び農薬は使用しないこと
● 遺伝子組換え種苗は使用しないこと



また、有機畜産物のルーツについても、以下のように定められています。

【有機畜産物の生産方法の基準】

  • ● 飼料は主に有機飼料を与えること

  • ● 野外への放牧などストレスを与えずに飼育すること

  • ● 抗生物質等を病気の予防目的で使用しないこと

  • ● 遺伝子組換え技術を使用しないこと


【有機加工食品の生産方法の基準】

  • ● 化学的に合成された添加物や薬剤の使用は極力避けること

  • ● 原材料は、水と食塩を除いて、95%以上が有機農産物、有機畜産物又は有機加工食品であること

  • ● 薬剤により汚染されないよう管理された工場で製造を行うこと

  • ● 遺伝子組換え技術を使用しないこと



【農林水産省のページ】
 https://www.maff.go.jp/j/jas/jas_kikaku/yuuki.html

通販受注代行サービスはこちら

コールセンターBPO・コラム <一覧>