MR 複合現実|DX(デジタルトランスフォーメーション)の用語

MR複合現実

MRとは、Mixed Realityの略で、日本語では「複合現実」と呼ばれます。MR(複合現実)は、現実空間と仮想空間をミックスして、リアルな(現実の)モノがバーチャル(仮想)の映像にリアルタイムで影響を与える空間構築の技術を指します。

● MR(複合現実)は、VR(仮想現実)やAR(拡張現実)を含む概念

MR(複合現実)は、以下の100%現実の世界と、100%仮想の世界(VR)、その中間にある拡張現実(AR)や拡張仮想(AV)を連続的に行き来するものであり、その連続体を指します。

1. 現実の世界 Real World - 100%現実
2. 拡張現実 AR(Augmented Reality) - 現実の世界に仮想のモノを付け加えた世界
3. 拡張仮想 AV(Augmented Virtuality) - 仮想の世界に現実のモノを付け加えた世界
4. 仮想現実 VR(Virtual Reality) - 100%仮想

● 現実(リアル)と仮想(バーチャル)が一体化した世界

例えば、MR(複合現実)では、現実世界の中に3Dホログラム(立体映像)でビルや飛行機や自動車などの模型を浮かび上がらせて、その物体(本当は映像)の向こう側に回りこんだり、手で回転させることができます。

また、AR(拡張現実)では、現実の世界に登場した仮想の映像に手で触れて何らかの影響を与えることができませんが、MR(複合現実)ではそれが可能です。そして、VR(仮想現実)では、仮想の世界に閉じていて現実の世界と融合していませんが、MR(複合現実)は現実の世界と融合しています。

<< コールセンター代行サービス(トップページ) >>

コールセンターBPO・コラム <一覧>