LTV 顧客生涯価値|EC・通販用語

LTVとは、Life Time Value の略で、日本語では「顧客生涯価値」と呼ばれ、顧客が生涯合計で自社の商品・サービスに対してどのくらいの額を使ってくれるのかを測る指標です。

企業にとっては、1度でも自社の商品・サービスを利用してもらえた顧客に、末永く長期間に渡って顧客であり続けてもらえることが理想です。

それは、新規顧客の獲得よりも既存顧客を維持する方が、コストが安くつくという理由があります。しかし、それ以外にも、顧客との関係性を維持し顧客をロイヤルカスタマー化することで、その顧客からの売上を最大化したり、知り合いへのクチコミ(推奨)による新規顧客の獲得が期待できるなど、多くのメリットが想定されるからです。

ちなみに、LTVを算出する際に、顧客から生み出される「利益(売上―原価)」を算出する場合と、単純に「売上」のみを計算する場合がありますが、顧客との長期に渡る関係構築を目指すという根本的な考えは同じであり、どちらを重視するのかは、そのビジネスの特性や戦略により使い分ければ良いと考えられます。