インフォマーシャル|EC・通販コールセンター用語

インフォマーシャルとは、インフォメーション(情報)とコマーシャル(広告)を合わせた造語で、テレビコマーシャルの中では、一般的なテレビCMよりも詳細に商品の内容を伝えるための手段として使われることが多いものです。

一般的なテレビやラジオのCMの場合、15秒や30秒という時間の制約があるために、商品名を認知してもらうことを目的として商品名を連呼したり、既に世の中に認知されている商品を季節の到来とともに思い出してもらうことを目的として利用シーンのイメージ映像(例えば、「風邪薬」の宣伝での寒い屋外の風景や、「ぽんず」の宣伝で温かい室内で家族がお鍋を幸せそうに囲む映像など)を流すことがよくあります。

このように、一般的なCMでは時間の制約が大きく、商品名や利用シーンを訴求する程度のことしかできません。そこで、商品を詳細に説明するための手段としてインフォマーシャルが利用されます。

できるだけコストを抑えたい場合には、テレビCMよりもラジオの番組内で出演者に商品の詳細な説明をしてもらったり、あるいは企業自らが出演して商品の説明をします。また、地上波よりもCM単価の安いBS放送で時間が長めのテレビコマーシャルを利用することもあります。もちろん、費用をかければ、テレビの地上波で情報番組としてインフォマーシャルを実現することもできます。

いずれの場合も、原料や製造工程のこだわり、使用時の効果・効能・使い心地、他社商品との比較などを詳しく説明して、消費者に商品の魅力を伝えて購買行動に繋げることが目的です。

<< 通販受注代行サービスはこちら >>

コールセンターBPO・コラム <一覧>