EC(electronic commerce)|EC・通販用語

ECとは、<electronic commerce> の略で、日本語では「電子商取引」と呼ばれます。

「EC」という言葉が認知されるに従って、 B to C (「企業」対「消費者」)の「ネット通販」や「ネットショップ」のイメージが強くなりつつありますが、本来、「EC・電子商取引」には B to B( 「企業」対「企業」 )の大規模な電子商取引も含まれています。

通販(通信販売)には、カタログ通販・新聞広告・折り込みチラシ・ラジオ通販・テレビ通販などがありますが、(ECのうちの)ネット通販はインターネットを活用した通販です。

そのネット通販用のウェブサイトを「ECサイト」(または通販サイト)と呼び、インターネット上で商品やサービスを販売します。

1社でウェブサイト(ネットショップ)を構えるECサイトとして、アマゾンのような超巨大ECサイトから、会社員が副業で運営する小さなネットショップまで、その規模や形態はさまざまです。

また、「楽天市場」のように、複数の企業や個人商店がインターネット上の1か所で出店する形態のウェブサイトは、電子商店街(ECモール)と呼ばれます。