シンギュラリティ(特異点)|AI・人工知能の用語

シンギュラリティとは、元来、数学や物理学に登場する用語で、日本語では「特異点」と呼ばれ、一般的な解ではない特別な解を指します。物理学では、ブラックホールやビッグバン(宇宙の始まりに起こったとされる爆発)などに因んだ特異な点として語られます。

そんなシンギュラリティですが、「AI(人工知能)」という文脈で語られる場合には、単に「特異点」ではなく、「技術的特異点」と呼ばれることもあります。

そのAI(人工知能)用語としての「シンギュラリティ」とは、AIが進化して人間を超えてしまう時点を指すようです。AI自体が、人間よりも優れた知能を生み出すことが可能になる時点です。

そのシンギュラリティ(技術的特異点)が2045年に実現するという予測があり、人間の労働の多くがAI(人工知能)に取って代わられるという説を唱える人達がいます。

一方、シンギュラリティ(技術的特異点)の到来は、もっと未来の話であるという主張や、いくらAI(人工知能)が発達してもシンギュラリティ(技術的特異点)に到達することはないという主張もあります。


コールセンターに関する用語集

コールセンターの構築・運営に関連する用語の説明をしています。